うつ病で頭痛。経験者が語る対策方法

utuzutuu

うつ病になると、あまり知られてはいないのですが、頭痛や腹痛などなど様々な痛みを伴う事があると思います。私は医者では無い為、医学的論点で記事を書く事は出来ないのですが、うつ経験者なので当事者として、うつ病頭痛の対策方法や試した事を記載し伝える事は出来ます。

まずはじめに現在、頭痛で毎日苦しんでいる方に伝えたい事は痛みはいずれ無くなるという事。

私はうつ病になり、約1年ほど頭痛で苦しんでいました。当時は一生涯、頭痛で苦しむのではないか?と不安になった時期もあります。しかしうつが良くなるにつれ、自然と頭痛は無くなっていきました。よって一生涯頭痛持ちという事はなく、完治するので安心して下さいね。では次に私が行った頭痛を和らげる方法を記載していきたいと思います。

スポンサーリンク




うつ病時頭痛を和らげる方法

頭痛対策1、お風呂にゆっくり浸かる

dsc01368

私は頭痛が酷い時は家で寝ていましたが、少しの痛みであれば積極的にスーパー銭湯へかよっていました。スーパー銭湯で炭酸風呂にゆっくり20分程度浸かります。

刺激の強い熱いお湯には入りません。刺激の弱いぬるま湯にじっくり浸かります。そうすると不思議な事に銭湯を出る頃には痛みが和らいでいました。

これは、ぬるま湯にゆっくり浸かる事によって、血流が良くなる事、リラックスできセロトニンが分泌されるから。なのではないかと感じています。

この方法は結構効くので近くにスーパー銭湯がある方は是非試してみて下さい。お湯は炭酸泉がお勧めです。炭酸泉はぬるま湯で尚且つ血行促進作用があると言われている為、血流、リラックス、セロトニンを分泌するにはもってこいだと個人的には思っています。

頭痛対策2、岩盤浴もおすすめ

お風呂と繋がっていますが、岩盤浴もおすすめです。岩盤浴もお風呂と同じですが、血行促進、リラックス効果が期待出来ます。その他にも汗をかく為、体内デトックス効果が期待出来ます。岩盤浴もお風呂と同じで刺激の少ない少し暖かい感じの室内でゆっくり過ごす事が良いと思います。

私の場合は、マンガの読める岩盤浴部屋でお腹を温めながらずっとマンガを読んで過ごしました。仰向けでぼけーっと過ごすのも良いですが、お腹を温めると整腸効果も期待出来る為、背中よりもお腹中心に温めると良いと思います。

岩盤浴も不思議なもので、岩盤浴を出る事には頭痛が消えていました。

スポンサーリンク




頭痛対策3、マインドフルネスを行う

このサイトでは「うつに効果があるよー」っと何回も記載している事ですが、マインドフルネスは頭痛の回数も減らす事が出来ると私は思っています。マインドフルネスは自律神経を整える効果が期待でき、自律神経が正常に働く事で頭痛は減って行きます。

今思い返してみると、私の頭痛が減った大きな理由はマインドフルネスを継続して行った事でした。

マインドフルネスのやり方についてはコチラの記事に記載しています。
マインドフルネス
マインドフルネスは効果が出るまで時間は掛かるのですが、継続して行う事で効果が期待出来ます。

頭痛対策4、規則正しい生活とバナナジュース

頭痛が酷い場合は仮眠等をとった方がよいのですが、酷くない場合は朝起き、夜寝るそして朝にバナナジューズを作り飲む事がオススメです。バナナジュースについては整腸効果、セロトニン(鬱病の原因はセロトニン不足かも知れないと言われています)を作る物質トリプトファンが多く含まれています。

セロトニンの原料となるトリプトファンを多く摂取する事でセロトニンが増え、頭痛が減って行くかも?と私は考えています。

実際に私はバナナジュースを飲んで頭痛が軽くなった経験をしている為1度試してみて下さい!

バナナジュースについてはコチラの記事に記載しています。
うつに効く飲み物

やめること

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-07-YUKA862_keirei15190122-thumb-1000xauto-18584

上記4つが頭痛の痛みを和らげる為におこなって効果があった方法です。ここからは速効性がある訳では無いですが、徐々に効いてくる方法を紹介したいと思います。まずやめる事。

ビール、たばこ、コーヒーなどを毎日摂取している方は、やめた方がよいです。これらをやめる事は難しいですが、私の場合頭痛を引き起こした原因はこの3つではないか?と現在でも疑っています。

ビール、たばこ、コーヒーを摂取してもなんのメリットもありません。特にうつ病時は、これら3つを摂取しないほうが良いです。どれも精神を不安定にする物質が入っているし、体にとっても悪いものばかりです。これらをやめる事で鬱が治った人も知っている為、毎日の習慣にこれら3つを摂取しているのであればなんとかしてやめる事をおすすめします。

禁酒セラピー

やめる方法はアレンカーの禁酒セラピーや禁煙セラピーがおすすめです。他には治療にいくのも良いでしょう。

呼吸を意識する時間を作る

ヨガやマインドフルネスなど呼吸を意識する方法は様々ありますが、個人的には興味のあるものに取り組んで長く継続する事が良いと思います。呼吸ってかなり重要で、うつ病の人は呼吸が浅いといった事をよく耳にします。

私の友人の中には精神に関わる人や健康系のインストラクター、ヨガの先生などの健康分野で働くプロが多くいますが、みなさん口をそろえるように、呼吸を意識し深くする事で鬱が改善するといっています。

ただし科学的根拠がある訳では無いみたいなので声をだいにして改善するとクライアントに胸をはっては言いにくいみたいですが、本当に私も呼吸はなにか関係してると思っています。呼吸を意識する事は無料で出来るのでマインドフルネスや瞑想などyoutubeなどで検索し行ってみてはどうでしょうか。

一人では出来なさそうといった方はホットヨガを体験し呼吸法を学ぶのも良いかも知れません。体験受講であれば1000円程度で受講可能なので

ホットヨガスタジオLAVA

最後に

うつが原因で頭痛になった際、和らげる方法として効果のあったものは、速効性といった意味では、岩盤浴や温泉が効きました。ただやはりうつを完治しなければいけないので、上記で記載した、やめる事、呼吸法(マインドフルネス)などは是非取り組んで頂きたいと思っています。

うつが完治若しくは良くなれば頭痛は無くなります。私も良くなってからは今の所一度も頭痛になっていません。なので今は辛いとは思いますが、希望を捨てずに良くなって下さいね。

私はうつが良くなってから感じるのですが、以前より進化した自分になって戻ってこれます。うつ病は精神と時の部屋のようなものと今ではおもっています。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする