うつ病にはマインドフルネスがおすすめ!

マインドフルネス

マインドフルネスとは、簡単にいえば気づきです。うつ病予防に効果があると言われアメリカなどでは、注目の心理療法と言われています。

マインドフルネスの概念は、未来過去より今を大事に生きるための訓練です。
過去の失敗、未来の不安を考え、人々はストレスを感じ、ひどい場合はそのストレス、思考により動けなくなってしまいます。

それよりもあるがままの自分を受け入れ、今いる自分を受け入れ今に集中しようそうする事でストレス軽減をしようといった考えです。

マインドフルネスを行うようになってから私は今を生きる癖がついたように感じています。
例えば私は未来について漠然な不安を感じ不安になり悩むことが多かったのですがマインドフルネスを行うようになってからは不安が頭をよぎってもすぐ「アッ今を生きなきゃ」
と思いすぐ目の前の事に集中できるようになりました。

なので正直本当におすすめです。
ではマインドフルネスの方法を記載します。

スポンサーリンク




マインドフルネスやり方

マインドフルネスやり方
1、楽な姿勢をとります。目をつぶります。イメージとして瞑想のイメージです。

2、呼吸に集中します。
下腹部に手を当てるとわかりやすいかもしれません。意識を呼吸だけに集中させます。

3、少し時間がたつと、色々な考えが浮かんでくると思いますが、それは、心が動いている証拠です。心が動いている自分を褒めてあげましょう。そしてすぐまた呼吸に集中します。

4、3の繰り返しです。

これを15分間1日3セットおこないます。朝昼晩が出来れば良いと考えられます。

マインドフルネスを使いストレスを軽減させる為には何より継続です。

継続することによりストレスと上手く付き合える自分に生まれ変われるはずです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする