うつ病でもお風呂には入った方が良い!

うつ病とお風呂

温泉

抑うつ状態の時はお風呂に入る力もない、歯磨きもする気も起こらないものです。私もお風呂には最長1カ月は入らない時期がありました。只今だから思うのかも知れませんが、抑鬱状態でもお風呂にだけは入った方が良いかも知れません。

注意・・・これは私の体験談であって、学術的根拠はありません。またかなり精神的に弱っている時は何もしなくて良いです。療養が仕事です。この事を踏まえた上で私がお風呂に入った方が良いと思う理由を述べます。

スポンサーリンク




少しの辛さであれば、お風呂は良いと思った理由

私も1カ月程度お風呂に入らなかった経験があるので解りますが、お風呂に入らなければ通常は生活していく上で不快に思うのですが、うつ病時は不快にも感じず、また慣れてきます!自分の体の匂いや油も気になりません。そして抑うつ状態から抜け出してくるとお風呂に入る気力が湧いてくるのですが・・・今思うと抑鬱時でもお風呂だけは入った方が良い気がします。

理由はお風呂って自律神経を整える効果が期待できるんです。

カウンセラーの先生が仰っていたのですが、「お湯はぬるま湯で30分位お風呂に浸かると副交感神経が働き寝つきが良くなるよ」とか「リフレッシュできセロトニン分泌量も増える可能性がある」だとかお風呂ってうつ治療に結構効果が期待できるんですね!

また血液の循環も良くなるし、老廃物を取り除くデトックス効果も期待できます。

お風呂のポイントは、ぬるま湯でゆっくり浴槽につかる事!

熱めのお湯は副交感神経では無く、交感神経が活発になる為、寝つきが悪くなります。

これでは逆効果なのでお風呂はぬるま湯で入りましょう。

お風呂の入り方

うつになればお風呂に入る気力が湧かなかったり、お風呂と一言で言っても体力を結構使う為しんどいと思います。そこで「しんどい、しんどい」ではお風呂も辛くなるので、お風呂場にマッサージオイル等を置き、お風呂場でマッサージしてみたり、炭酸風呂を作り入浴してみたり、少しでも楽しめる空間を作る事で苦痛では無くなると思います。

私がおすすめするお風呂場を楽しくする方法は炭酸風呂です。炭酸風呂は炭酸水が体にシュワシュワ当たり気持ちが良いです。

炭酸風呂は重曹、クエン酸、粗塩を使用し作ります。

この様にしてお風呂を楽しめるスポットにすると良いと思います。

お風呂に入る事で元気になったと感じる体験談

うつ病に効果が期待できる方法は色々ありますが、私の場合、マインドフルネスとお風呂が良いと感じています。

私は回復期に少しでも「疲れたなー」と感じればスーパー銭湯に行き1日中お風呂でボーっとします。

この様に1日中リラックスする事に力を入れ、お風呂に入る事で自然と次の日は元気です。

うつがぶり返しにくくなったのも「疲れたー」と思えばスーパー銭湯に行く様にした事からぶり返しにくくなりました。

なのでお風呂にはなんらかの効果が有るのではないかと感じています。

最後に

うつ病治療にお風呂が効果が有るかどうか解りませんが、私は効果があったと感じています。

自律神経を整える治療法に温泉療法なども有りますし、何かしら有ると私は思います。

なのでお風呂だけは仕事と割り切って入るのも良いのではないかと思います!

少しでも参考になれば幸いです!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする