*

鬱をぶり返させない為の過ごし方3つ!

公開日: : 最終更新日:2016/05/14 社会復帰

うつをぶり返させない為に

a0055_000706

私はうつ病になり1番厄介で難しかった事がこのぶり返しです。私が鬱になり初めて元気になった時「あっもう治ったかも!」と思い就活に励みました。しかし1か月後には疲れ、また抑鬱状態になりました。

この様な事を何度か繰り返したのですが、その繰り返す日々の中でぶり返さない様にする為にはと色々考え気づいた事などを今回記載したいと思います。
スポンサードリンク



鬱をぶり返さない為の過ごし方

1時間ごとにリラックス時間をとる

ぶり返しに悩んでいた私は精神科とは別のカウンセリングルームに通っていました。そこでカウンセラーの先生に色々な手法を教わったのですが・・・

その中の一つに先生がおっしゃったのは「1時間行動したら10分休憩して下さい」でした。人は何かを行うとストレスが掛かります。そしてその状態でまた何かを始めると余計にストレスが加わりダウンしてしまいます。

なので何かを行うにあたって、1番良い方法は!何かをする→ストレスが加わる→ストレスを0にする→何かをする!なのですが、そのサイクルが1時間行動→10分休憩みたいです。1時間でストレスは溜まり、10分休憩する事で1時間分位のストレスが解消されるみたいです。

良く考えてみたら、義務教育期間の授業って50分授業10分休憩でしたよね!これ位のサイクルで行動する事が本来は良いのかも知れませんね!因みに私のリラックス方法は瞑想です!または暖かいお茶を飲みながら深呼吸する。両方リラックス効果が期待できますよ!

しんどいなーと感じたら1日をリラックスする為の時間にする

a0001_017553
抑鬱に入る前ってなんとなく前兆みたいなものを感じませんか?私は、前兆みたいなものを感じます。「息苦しい感じ」等々、前兆を感じれば、まる1日リラックスする時間にする。例えばスーパー銭湯に行き、まる1日温泉や岩盤浴を楽しみ、リラックスする事で抑うつ状態になる事を防ぐことができます。

しかし主婦の方や、働いている方は難しいと思います。周りが理解し協力してくれれば良いのですが・・・

そこで周りの協力が期待できない場合は「マインドフルネス」を行う事が良いと思います。

本当は毎日行うと良いのですが、マインドフルネスを行っていない方はこの機会にマインドフルネスを学び、行って下さい。

私はマインドフルネスでかなり回復したので!

マインドフルネスはコチラの記事に記載しています

只この記事だけで学ぶよりも書籍やDVDまたは講座などを受講してもより効果が期待できると思います。

自分なりの対策を書きだす

うつ病って人により対策は違うと私は感じています。ある人は運動して治ったり、ある人はお腹を綺麗にする事で治ったり等色々あると思います。なので自分なりの対策法を紙に書き出しメモしておく事がおすすめです。

例えば

抑鬱対策 現状気分 対策後効果
温泉に入る 1→6位まで回復
堤防で日光浴 2→7位まで回復

この様にして現状気分→対策後の気分を紙に記しておく!そして効果のある物を抑鬱に入りそうであったり、休みの日に日々行って行く事が良いと思います。このやり方は時間は掛かりますが、ぶり返さない為には結構オススメな方法です。

気分は1から10段階ぐらいが書きやすく良いかなーっと思います。

最後に

私なりの方法なので全ての人に効果が有る訳ではないと思います。何か現状から抜け出す為のヒントになれば良いと思っています。

鬱になって良い事なんて無いですが、体験記が何かの役に立てれると思っていますので、誰かのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク



 

 

関連記事

a0001_013657

うつ病からの仕事探し

うつ病からの仕事探し うつ病になり、職を失ってしまった場合、どうしても仕事の事が気になると

記事を読む

shakaifukki

うつから社会復帰に向けて生活習慣を見なおす

うつ病になりその後、体調が回復・・・そこまでは良いのですが、その後の社会復帰!これは可能なの

記事を読む

a0001_013657

ジョブカフェを利用するのは有、お勧めの理由!

ジョブカフェはおすすめ? ジョブカフェ ジョブカフェは都道府県が主体的に設置する、若者の

記事を読む

kowa

コワーキングに行ってみた!社会復帰には意外と良いかも?

コワーキングスペースとは コワーキングが行われる環境(「コワーキングスペース」と呼ばれることも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>