どん底の人生から這い上がる方法

どん底の人生から這い上がる方法~私の体験記~


今回はどん底の人生から這い上がる方法といったテーマで記事を記載していきたいと思います。私は数年前、「人生どん底」を味わいました。貯金が全てなくなる、婚約者も失う、病気になる、職もないといった人生どん底4拍子を味わいました。

当時はもう精神的にも参っており、生きる欲求さえ無くしていました。しかし数年たった今、色々なものを取り戻しつつあります。

まず貯金ですが、少しずつですが、できています。病気も完治かどうかはわかりませんが、非常に安定した生活がおくれています。職もあります。婚約者だけいない状態です。私がここまで復活できたのは運もあると思いますが、行動してきたからこその結果だと思っています。

そこで今回は私がどのようにしてどん底期から抜け出せたのかを記載していきます。今どん底に陥っている方のヒントになれば嬉しいです。

スポンサーリンク




どん底に陥った原因を探る

まずどん底に陥った原因はなんなのか?ひたすら考えます。私の場合は職を失い→婚約者を失い→うつ病→貯金が尽きる→自信喪失といった流れで、どんどん失っていきました。

家庭環境や自分の置かれている状況によって、最初に解決していかなければならない問題は人によって違うと思いますが、私の場合はまず病気であるうつ病を治さない限りは何もできない状態でした。

なので最初にはじめた事はうつ病治療です。病院に通い投薬治療からカウンセリングなどの治療を行うのですが、通常の状態に戻れるまでには時間がかかります。なのでそれに加え元気な時はひたすら散歩をしていました。散歩が病気回復の近道であると聞いた為。

散歩を続けていく内に少しずつですが、散歩する日が増え、毎日継続して散歩ができるようになりました。ここまでくるのに2年くらいようしています。

事業をおこなう

社会復帰したいといった気持ちが強かったので、メンタルがしんどくない時はマイペースに事業を行いました。事業といってもサイト運営です。これが私にとってターニングポイントとなりました。

少しずつですが、収益は上がり生活できる程度の収入を得る事が可能になりました。何故生活できるまでにも収益が上がったのか?を考えると単純にサイト運営にハマった。あとは運が良かっただけなのではと感じています。

ただし2年以上も引きこもりサイト運営ばかり行っていると、知識はかなり増えるので社会にでた時、その界隈の人と対等に話が出来るようになります。石の上にも三年といった言葉がありますが、2~3年引きこもってその事ばかりを考えて生きると案外生きていけるレベルになるのかもしれません。

コミュニケーション能力を取り戻す


この辺りからは貯金ができ、病気もほぼ治りかけている状態です。次は職探しです。ただその前に私は年単位で引きこもりながら仕事をしていた為コミュニケーション能力が圧倒的に落ちてしまいました。

そこで私は外に出て人と話そうと決意しました。その年の目標は友達100人つくる事!いい年した人間が、友人100人つくるといった恥ずかしい目標でもありますが、これがまた功を奏しました。

最初はセミナーや同業者の集まりに参加し、その後旧友などと積極的に連絡をとったりしながら順調に人とコミュニケーションをとっていきました。順調にと記載しましたが、困難もありました。

友達と喋ると震える。会話をしなかったので声が圧倒的に小さい。会話が出てこないなどなど。この様な問題がいくつもありましたが、何度もやれば慣れると言い聞かせ行動していきました。

これも運が良かったのですが、その活動を行う過程で出来た友達と一緒に制作の仕事を請け負ったりも出来ました。この様な経験をしていく内にコミュニケーション能力と自信を取り戻せる様になりました。

スポンサーリンク




就活

この頃は働いても、大丈夫かな?と思える様になっていました。そこで転職活動を始めたのですが、正直かなり怖かったし、不安でいっぱいでした。またゼロに戻るのではないか?またメンタルを壊してしまったらどうしよう?等々。しかし、いざ就職が決まり働いてみると意外に問題がなかったのです。

周りのみんなと同じように仕事をしている自分がいます。案ずるより産むがやすしといったことわざがあるように心配してた事が嘘のように問題なく働けています。

もし長期間、働いてなくて働くことが怖いと感じているのであればそれはそれ程心配する事ではないのかも知れません。

小さな問題解決を繰り返す

ここまで来るのにかなりの時間を費やしましたが、ここまでくる過程の中で私は人生で起こる小さな問題を一つずつ解決してきています。この問題はどうすればクリアできるのか?を考え行動してみる。上手くいかなければ別の手で解決する。これを解決できるまで繰り返します。

どん底から這い上がるには、この方法が一番良いのではないか?と感じています。

這い上がる経験をして感じたこと

這い上がる経験をして感じた事は地味な作業を繰り返す事とステップする時は急にくるという事です。地味な作業を繰り返していけば少しずつ状況が良くなると考えている人は多いと思いますが、実際は違います。

成長や人生のステップアップは急に来ます。収益の伸び方も地味に上がるのではなく急にポーンと上がります。逆に人生が下降する時も同じでポーンと下がるのです。
でもこのステップアップは、小さな事をコツコツと行わなければ味わえません。

小さな事をコツコツと継続する事によって急にくるチャンスを掴むことが出来るのです。またチャンスの神様は前髪しか掴ませてくれません。決断をしなければすぐ逃げていくのです。

この辺りが難しい所ではないでしょうか?チャンスを掴むタイミング。ただしこれも慣れだと思います。何回も行動していればチャンスがくる確率は高まります。どこでチャンスを掴めば良いのか解ってくると思います。

最後に

今回はどん底から這い上がる方法について記載しましたが、這い上がる為のヒントになったでしょうか?少しでもヒントになれば嬉しいのですが、具体的な這い上がり方を記載する事は難しく抽象的な方法になってしまいました。

ただ本質は小さな事をコツコツと小さな問題をコツコツ解決していく事です。結果が出なければ目標を変えるのではなく手法を変えるといった感じです。

備考にはなりますが、自信喪失状態から自信回復するにあたって一番効果を発したのは私の場合、お金でした。汚い話かもしれませんが、年収が上がるにつれ自信がわいてくるのかもしれませんね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする