鬱病になり家で働きたい人向けおすすめの在宅ワーク

鬱病になり在宅で働きたい人向けオススメの仕事

a1640_000168

在宅ワークって沢山有りますよね!どれが良いのか迷いますよね!

そこで「うつ病になりまだ人と接する事が難しい!でも働きたい!」人の為に実際に利用したオススメの在宅ワークの紹介です。

その前に在宅ワークと言っても立派な仕事です。そしてお客さんに満足して貰わなければお金は発生しないです。

なので在宅ワークでガッツリ稼ぐというよりはリハビリ程度に頑張りお小遣いを稼ぐイメージで行う事をオススメします。

スポンサーリンク




ランサーズ

プログラミングやデザインが出来る人は結構稼げると思います。しかしここではその様なスキルが無い方向けにどう稼ぐかを記載したいと思います。まずランサーズの会員(無料)になり仕事を探します。

タスクで記事作成の仕事を請負ます。

記事作成と言っても体験談や悩み解決記事の依頼が多いので結構書きやすいと思います。

そして1記事につき100円以上(出来れば300円以上)の仕事を探し作業を行い承認されればお金が貰えます。

私の場合は仕事を外注する為にランサーズを利用していますが、記事作成依頼で言うとホントに酷い内容以外は全て承認しています。

そして30%以上は非承認出来ないシステムになっているので10人いれば7人以上は確実に承認されます。

1記事につき100円~400円位が相場の為それ程稼げませんがお小遣い程度にはなります。

例えば300円の記事を1日3記事書くと900円これを30日行うと2万7000円になります。

無収入の時と2万7000円月にある時とでは気持ちの面で少しだけ余裕が生まれます。



クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

アフィリエイト

私は在宅ワークの中ではアフィリエイトが1番おすすめです。しかし1から始めたとして半年間は無収入!また参入ジャンルをミスしたり検索エンジン上で上がらなければ無収入!よって全ての人におすすめとは言えません。

ビジネスの中では結構簡単な部類に入りますが、(現状では簡単ですが今後参入が増えると予想される為今より厳しくなってきます)

全ての人が稼げるとは思いません!なので上記のランサーズの様に記事代行で稼ぐ方が堅実ではあります。

しかしアフィリエイは儲かってくると普通に正社員の給与以上に稼げるのでオススメ在宅ワークにいれました。

アフィリエイトを始める方はコチラの記事に記載しています。

アフィリエイトの始め方

鬱病でもアフィリエイトで稼ぐ

ピクスタ

私も最近始めたので稼げるかどうかは解りませんが、やってみると結構面白いです。ピクスタは自分の撮った写真を販売できるサイトです。自分でお客様のお役に立てそうな写真を撮影しピクスタの審査に通ればピクスタ上であなたの写真が販売されます。良い写真と言うよりも役に立つ写真を撮れればお金になると思います。購入される方は企業のWEB担当者やデザイン会社の方が多いと思います。ウェブやデザイン業界にいれば解るのですが、全てを1から作る暇なんて有りません。なので外注できるものは外注します。例えば、エステ会社からホームページ作成の依頼があったとします。この場合ピクスタからエステを体験している人の写真であったり、イメージ画像として使えそうなものを購入します。実際に自分が撮影するとコストが高くなる為、WEBやデザイン会社はこの様な所で素材を購入する事が多いのです。よってお客様が使いたい写真を取れれば稼げるのではないかと考えています。

ストックフォト【PIXTA】

ミンネ

私はまだ行った事はないのですが、今話題のミンネです。ミンネはハンドメイド作品のオンラインマーケットで一般の人も無料で登録できます。手作りの財布や服色々販売できます。稼ぐ人はかなり稼いでいます。物が作れるといったスキルのある方はオススメ出来ます。

後在宅ワークで良く有るのが転売ですが、資金がある方であれば転売でも稼ぐ事は可能です、しかし資金が無ければ稼ぐ事は難しいです。

だいたい1万稼ぐのに10万円投資金が必要になります。これは転売する物にもよりますが、3割抜くと売れにくくなります。なので送料も入れると1割くらいしか抜けないのです。労働時間も考えると余りオススメは出来ません!

最後に

いかがでしたか?うつ病でも在宅で仕事がしたい!と言った方に向けて記事を記載しました。お役に立ちましたでしょうか?

この記事を書いていて思ったのですが、このワードで検索する方って回復期ですよね!(多分)ぶり返さなければ後もう少しで復帰できると思います。なので在宅ワークするにしても頑張り過ぎは禁物ですよ!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする