インデックス投資って儲かる?儲からない?大丈夫?


最近世間では投資信託、インデックス投資が流行っていますね。老後の資産は3000万円必要とか・・・日々増える支出、物価上昇の中、この3000万といった金額を貯めるってむつかしいと思います。じゃあこの老後資金をどう補うのか?インデックス投資で補おう!

といった理由でインデックス投資を始められる方は多いのではないでしょうか?私もこのような考え(理由)からインデックス投資を始めました。

私は現在投資を開始してから半年くらいたちました。投資家の人からすればひよっこレベルで知識もあまりありませんが、投資開始から半年たったのでインデックス投資は儲かるのか儲からないのか?自分の中の考えをウェブ上に残したいと思います。

インデックス投資って儲かる?儲からない?大丈夫?といった方に向けて、これから始めるであろう方に向けて記載するので参考になれば幸いです。

スポンサーリンク




インデックス投資は必ず儲かるといった嘘

ネット上をみていてもインデックス投資でこれだけ資産が増えました系の記事は多いです。どこをみてもインデックス投資は儲かると記載されています。

しかし私はこれに疑問を感じています。

インデックス投資が儲かるといわれている理由

例えば投資して年利5%で運用していけば、そこに複利効果があらわれ長期的にみれば、儲かる。また経済は日々活性化していくので、長期的にみれば儲かるといった考えです。これはこれで良いのだと思いますが、年利5%の運用がずっと続けば良いのですが、それが確実に達成できるかどうかは誰にもわかりません。

世界経済がこれからどうなるのか?日本経済がこれからどうなるか?なんて誰にもわからないと思います。

なのでインデックス投資であろうがなかろうが、投資は余剰資金の範囲内で行うことがベストです。

なぜ今投資家は儲かっているの?

最近ブログでもリアルでも投資で儲かっている人をよく耳にします。儲かっている人は「投資はやるべきだよ」と必ずいいます。でも私は完全にやれとは言えません。今現在2017年は海外株も日本株もかなり上がっている状態です。儲かってほぼ当然なのです。

またリーマンショックの時からコツコツインデックス投資を行っている人はかなり資産を増やされたのではないでしょうか?

でも今から始める人はどうでしょう?好景気から始めるという事は、その反対で投資した資産が減るといった事は予測できるのではないでしょうか?

私も投資した株は上がっており、含み益がでている状態です。この様な状態が続けば良いのですが、そんなに都合よく上がり続けるとは思っていません。複利効果を得てもマイナスになる可能性だって考えられます。

老後の為のインデックス投資

「老後の資産を増やすためにインデックス投資を!」私はこの考え方は少し危険だなと感じています。

理由は2050年問題です。日本の人口は2010年の1億2000万人から、2050年には8800万人に激減することが予想されています。
今後、65才以上(老齢人口)の人口は増えるにも関わらず、15~64才(生産年齢)は半減することが予想されているのです。

という事は高齢者が増え若者の負担が増し、商売が圧倒的に難しくなると予想されます。日本だけではなくこの問題は海外先進国でも抱えている問題です。【すべての国が抱えている問題ではありませんが】老後の資産の為にコツコツと30歳からインデックス投資を頑張り、ようやく65になりお金に変えようとしても、その時株価が暴落している事だって予想されます。

そのような状態では株価を売っても損失で終わっちゃいますよね。

なのでインデックス投資で確実に増やそうと考える事は危険な気がします。

投資はあくまでも余剰資金の範囲で行いましょう。

スポンサーリンク




余剰資金の範囲で行うのであれば良いと思う

個人的には余剰資金の範囲内で行うのであれば問題ないと思います。なにごとも続けてみないとわかりませんし、続ける事で見えてくるものは必ずあります。

例えば続けていく事によって買うタイミングなどがわかってくるかもしれませんし、複利効果の威力を感じ「インデックス投資で老後の資産は問題ない」と感じれることもあるかもしれません。

なにごともやってみないとわかりません。自分自身で確かめるしかないんです。ただし株でも起業でも「小さくはじめて大きくしていく」といった考え方はこの先行きの見えない世界では必要かも知れません。

最後に

インデックス投資って儲かる?儲からない?大丈夫?といった方に向けての答えは余剰資金の範囲でやってみて、儲かる?儲からない?は自分で確かめるしかないといった結論になります。

投資を始めたい方は楽天カードと楽天カードで2000ptゲット
SBI証券の口座を開設する事をお勧めします。買い付け手数料が無料になります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする