うつ病、病院選びのポイント

うつ病、病院選びのポイント

うつ病になり始めのうちは、病院めぐりをしましょう。初回の診断で非常に良い先生で、話も聞いてくれ、気が合う先生であれば問題ありませんが、大量に薬を出したり、ちょっと先生とあわないと感じたのであれば、先生に気を使う必要はありません、病院を変えましょう。

私の場合は、病院を2回変えました。回復期にはカウンセリングも通いました。先生により薬も違う薬を出してくれますし、自分に合った薬を服用することで回復は早くなると感じています。例えば抗鬱薬が苦手であれば漢方薬で治療してくれる先生もいます。

また、うつが酷い時は病院にいく気力なんかありません。なので病院は家からなるべく近い方が良いと思います。

スポンサーリンク




私が考える病院選びのポイント

私独自の意見ですが、病院選びのポイントを記載します。
まず第一に自分が話しやすい先生かどうか?
症状を全てその先生に話すことができるか?という点です。

私の場合はなぜかはわかりませんが少しアルコールに依存してました。うつ病とアルコールは非常に危険です。
絶対にやめるべきなのに飲んでしまいます。このような事も全て先生には話さなければいけませんが、先生に隠していました。

それは、厳しく怒られる事が嫌という気持ちと後ろめたさもあったと思います。そこで私は威圧的な先生より優しい感じで全て理解してくれる先生を選び全て話しました。あくまで優しい先生が良いというわけではありません。人によっては、厳しい先生が合う人もいますので、自分はどんな先生だったら全て話せるかといった点を考えて選んでください。

第2に家から近い病院を選ぶです。

通院は週に1度または2週間に1度、人により様々ですが、コンスタントに長期間通院しなければいけません。うつ病でなければ簡単な事かもしれませんが、正直しんどいです。私の場合隣の市にある病院にお世話になっていました。正直つらい時期は行けませんでした。

なので病院が近くにあればと良く思っていたので、私は近くにある病院をオススメします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする