*

鬱病体験談を読んで回復方法を探せ!

公開日: : 最終更新日:2016/05/14 うつ体験談と回復方法

-shared-img-thumb-KIM150922517419_TP_V

年末最後にこのサイトで何か役に立つ事は伝えられないものか?とずっと考えていました。考えてもこの情報社会で独自の情報や誰もが知らないノウハウを私が伝える事は出来ません。ネットで探せば似たような情報はそこらへんに転がっているんですね。本日私が書く内容もそこらへんに転がっている情報の1つです。しかし知らない人も少しはいるのではないか?と思い記載したいと思います。現在うつ病と戦っている方で回復に向けてヒントになる記事です。参考になれば幸いです。
スポンサードリンク



まえおき

その前に今年私はウェブサイトばかり作っていました。ウェブサイトを作る上で参考になるサイトはないか?と色々なサイトを普通の人よりかは見ていると思います。そして夜になると鬱病を経験した方のブログを読む事が日課になってたりします。うつ病を経験した方のブログは参考になったり、共感したりで読み物としても楽しいです。その中でうつ病を克服し現在社会の一員として活躍している方に共通する点があるなーっと感じ気づきました。鬱病を経験した人の中で殆どの方がこう言っています。「散歩しろ」「瞑想しろ」「糖はあまりとらない」「お風呂は効果的」これらは医学的根拠はありません。しかし色々なうつ病体験記を読む中で、上記の方法は私だけでなく色々な人にとって効果があるのでは?と感じその考えが確信に変わっていきました。

参考になるブログ

●小林としのりさん著ミラクリといったブログ、この方は鬱を経験し現在はライターや化粧品を販売されている方です。この方は有酸素運動と瞑想でメンタルを日々管理されているみたいです。そして運動と瞑想を行なう事で気分が少しずつ前向きになるとも仰っています。

運動と瞑想を継続することによって、鬱に効果的があることが体感として分かった。
今となっては運動と瞑想は習慣化している。仕事で気持ちが落ち込むと、すぐに走りにいったり、朝晩には瞑想で精神的なメンテナンスをしている。引用元http://enrique5581.net/depression-company-resignation-complete-recovery/

私もそう思いますが、有酸素運動と瞑想を継続する事で過去や未来に囚われず、今に集中する事ができ結果抑うつ状態になりにくいと感じています。鬱病経験者の多くが有酸素運動か瞑想を行ない回復したと言っています。

●次に鬱病は完治できる!といったブログの紹介です。この方は現在サラリーマンとして働いているみたいです。ペンネームは解りませんが、薬以外のうつ病回復方法で為になるというか、私と意見が重なる部分が多いです。その方も散歩しろ、瞑想しろ、糖は控えめに、温泉は良いよっと仰っています。

砂糖の摂取とうつ病の発症率の関係を、テキサス大学のローレン・マランゲル教授が調べました。ニュージーランド、カナダ、ドイツ、フランス、アメリカ、韓国で、うつ病の発症率と、一人当たりの砂糖の摂取量を報告したのです。もっとも砂糖の摂取が多いニュージーランドが、うつ病の発症率も一番高くなっていました。一日に125gの砂糖をとり、6%の人がうつ病になっているのです。
砂糖の摂取量が50gの韓国では、2%のうつ病発症率にとどまっていました。他の国についても、砂糖の摂取量と、うつ病発症率は大きく関係していることがわかったのです。引用元http://utsu.bu-shu.info/archives/183

糖は欲しくなりますよね。只この様に多くの精神科医や医者が糖は控えめにした方が良いと言っている為糖は控えめにした方が良いのだと思います。私は以前より糖を取らなくなりましたが、それでもまだ取りすぎていると思います。よって冬場(私の場合抑鬱になりやすい季節)に体調を壊したり抑うつ状態になったりしています。今後はもっと気を付けなければいけませんね。

●次はナミうつブログ著のナミさんです。参考になるメンタル管理方法が豊富に記載されています。そして文章を読んでいてほっこりする為お勧めです。

ナミうつブログ

この方は散歩はお勧めだけど無理してやるものではないと仰っています。私もそう思います。出来る時にゆっくりやれば良いと・・・そう焦らずゆっくりが完治の秘訣なんですね!

自信

yasasii

薬以外で私が効果を感じたうつ病治療方法は、散歩などの軽めの有酸素運動、瞑想、糖質カット、お風呂な訳ですが、鬱病が回復し社会復帰する中で以前の自分より自信が無くなっていると感じる方は多いのではないでしょうか?私も完全に自信を取り戻したわけではないですが、自信の付け方としては小さな成功体験を増やす事だと思っています。鬱病自信の付け方取り戻し方で記載しましたが、小さな成功体験を増やしていく事で自信は少しずつ付いていきます。小さな成功体験を増やす上で重要なのが最初の1歩を踏み出す事、その為には最初の1歩を踏み出す勇気です。この様な行動は回復してきたと思った頃位から始めると良いと思います。注意したい点は大きな1歩ではなくあくまでも小さな1歩です。例えば毎日散歩する。最初はこれで良いのです。そして小さな成功の積み重ねから徐々に大きな事が出来きます。例えば毎日散歩を継続し行っていくとフルマラソンを完走できる位の体力や自信がつきます。私は散歩を毎日継続しています。現在ではフルマラソンに参加出来るかも?(根拠のない自信ですが・・・)そう思える様にまでなりました。抑鬱真っ只中の時はこの様な考えは一切湧いてこなかった為不思議です。しかしこの私の経験談からも小さな一歩、小さな成功って大切だと思っています。

最後に

年末なので体調に気を付けて過ごしてください。貴方の来年は良い1年になる様に心から祈っています。その中で無理せず出来る時に散歩、瞑想、糖質カット、お風呂といった行動を行う事で体調は良くなると私は思っています。過去や未来の不安は有りますが、考えてもしょうがない!よって今、現在に集中して楽しく過ごせる様になる事を心から祈ってますね!来年も何卒宜しくお願い致します。

byうつブロ
スポンサードリンク



関連記事

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N912_atamawokakimushiru-thumb-1000xauto-14355

軽いうつ状態はチャンス!私の行った回復方法

軽いうつ状態 軽いうつ状態と医師に言われた!病院には行ってないが、多分うつ病だと感じている

記事を読む

darui

うつ病の人への接し方と禁句ワード

うつ病の人への接し方 私はうつ病と診断されてから、約2年程度立ちました。最近では健常者並に

記事を読む

セロトニンウォーキングやり方

セロトニンウォーキングで健康に!やり方等

セロトニンウォーキング セロトニンウォーキングって知っていますか? うつ病とは仮説ではありますが

記事を読む

utuzutuu

うつ病で頭痛。経験者が語る痛みを和らげる方法

うつ病になると、あまり知られてはいないのですが、頭痛や腹痛などなど様々な痛みを伴う事があると

記事を読む

nayamiS

うつ病回復期はのんびりしていると不安?

うつ病回復期はのんびりしていると不安? うつ病の症状が緩和され回復期になり始めるとのんびり

記事を読む

マインドフルネスやり方

うつ病にはマインドフルネスがおすすめ!

マインドフルネス マインドフルネスとは、簡単にいえば気づきです。うつ病予防に効果があると言われアメ

記事を読む

マインドフルネスイメージ

マインドフルネスのやり方や効果などについて

マインドフルネスについて 以前にマインドフルネスについて記載しましたが、今回はもう少し詳しく書こう

記事を読む

授業

うつ病、病院選びのポイント

うつ病、病院選びのポイント うつ病になり始めのうちは、病院めぐりをしましょう。 初回の診断で非常

記事を読む

yogaS

うつ病は甘えと感じた方へ

うつ病と甘え まずはじめにうつ病は甘えではありません。何故ならばうつ病を発症する人は一般的

記事を読む

yuka-min

うつをぶり返させない為に僕が行っている事

うつ症状がでなくなってから、もうすぐで2年くらい経ちます。うつはぶり返す回数が多いほど再発率は上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>